ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

マロリーワイス症候群って?


マロリーワイス症候群ってご存じですか?聞きなれない言葉で、知らない人も多いのでは無いでしょうか?

今回はマロリーワイス症候群について説明していきます。

マロリーワイス症候群って?

この病気はマロリー医師とワイス医師により発見され命名された病気です。1929年、飲酒後に嘔吐を繰り返し吐血してしまった患者さんを調べた際、胃の噴門部に縦走する傷を見つけ、そこから出血していたことがわかり、これを報告しました。

それ以来、嘔吐を繰り返し出血し、内視鏡検査で胃に縦走潰瘍を認める場合を、マロリーワイス症候群と呼ぶようになりました。

原因

繰り返す激しい嘔吐により、食道に圧力がかかり、食道と胃のつなぎ目(噴門部)に傷がつき、そこから出血をします。飲酒後の嘔吐に起こることが多いですが、激しいせき込みやつわりによる激しい嘔吐でも起こる可能性があります。

症状

一番多いのは吐血です。吐血により出血に気が付きます。吐血以外では、みぞおち当たりの痛みが出現したり、黒色便が出ておかしいと気が付く場合もあります。出血量が多い場合は、貧血による立ちくらみが出てくる場合もあります。さらに重症化する(出血が止まらない)と出血性ショックになる場合もあり、吐き続けている事を放置しておくと危険な状態になります。

検査・治療方法

吐血で受診されるとまずは貧血になっていないか採血を行います。そして、吐血の原因を確認するために胃カメラを行います。嘔吐後の吐血が落ち着いていれば、胃カメラ挿入時には自然止血されている場合も多く、傷の確認を行い、軽度であれば、内服による様子観察となります。傷が大きかったり出血が持続している場合には入院が必要になり、止血処置を行う場合もあります。

 

嘔吐後による吐血では、一番最初に考えるのがマロリーワイス症候群です。嘔吐が収まれば吐血する事もなく、放置されがちです。出血は時に命に係わる場合があり、なるべく早めの受診をお勧めいたします。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop