ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

黒色便【黒色の便】が出てきたら


 

便の色は普通は 、黄色から茶色ですが、読んで字の如く、黒色の便(黒色便)が出ることがあります。

なぜ便が黒くなるのでしょうか?

一番考えられるのは「出血」です。

消化管から出血があると胃酸の影響を受け、黒色の便が出ることがあります。

胃、十二指腸潰瘍、胃がん、食道がんなどで出血したときに、この黒色便が時々見られます。

 

他、「食べ物」、「腸内細菌」、「薬」の影響でもそのようになる時があります。

代表的なのは、貧血改善のために内服される「鉄剤」でそのようになることがあります。

また、イカ墨のような真っ黒い食べ物を食べたときや腸内細菌では悪玉菌が増えた場合に茶色が濃くなったり、緑色の便になることがあり、便秘や下痢の方でときどき訴えがあります。

 

では、黒色便がでたらどうしたらいいか?

消化器内科の専門の先生にご相談ください。

胃カメラを受けて、胃潰瘍や胃癌などの病気がないか 一度チェックする必要があります。

当院でも専門的に対応しております。

お心当たりのある場合は、お気軽にご相談ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop