ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

目の疲れ放置していませんか?


最近はTVなどでも良く言われているので、ご存じの方も多いと思いますが、パソコンやスマホのし過ぎで疲れ目になってはいませんか? また、疲れ目を放置していませんか?

疲れ目も放置していると様々な症状を引き起こす場合があります。

今日は疲れ目が引き起こす症状と、疲れ目の解消方法をお教えいたします。

疲れ目の原因

疲れ目の原因は何といっても目の酷使です。酷使の原因として一番多いのは長時間のパソコン作業やスマホの使用です。また、眼鏡やコンタクトレンズを使用している方は度が合っていないと、目の疲労が蓄積していきます。

その他には目の渇き(ドライアイ)があると普段より目の動きが悪くなり、疲れを引き起こしてしまいます。

疲れ目による症状

・目の症状・・・目が痛い、目が重い、目がかすむ、ショボショボする

・全身の症状・・・首や肩のコリ、頭痛、吐き気、冷え性など

上記の様な症状が休憩したり寝ると治る場合は疲れ目と言い、治らず症状が長く続いている状態を眼精疲労と言います。

改善方法

まず、目を休める事が大事です。長時間のパソコン作業やスマホを見ている時は1時間に10分程度は目を休めるようにしましょう。この時に目のストレッチを行うと目の回復に有効的です。

また、日常生活でかかせ無くなってきているのがスマホですが、スマホを使用する際は40㎝以上離して使用するのが理想的と言われています。そして、意識的に瞬きをしてあげると、目の乾燥を防ぐ事ができます。

それでも、目の疲れを感じたら目薬をさしたり、ホットタオルを目に当てて血行を良くしてあげましょう。

 

テレワークが多くなったり、おうち時間が増えスマホの使用時間が増加したりして疲れ目も多くなっているのではないでしょうか?

目はとても大切な情報源であり、約9割の情報を目から得ています。日頃からきちんとアイケアを行い、疲れ目にならない様にしていきましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop