ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

慢性胃炎といわれたら・・・


慢性胃炎っていわれたらどうしたらいいの?

 

 

こんにちは。

 

バリウムでの検診を受けた後や過去の胃カメラ検査などで慢性胃炎といわれたら・・・

結論から言いますが、胃カメラを定期的に受けられることをお勧めします。

 

慢性胃炎の場合、胃がんになりやすいといわれており、また、小さな胃がんであれば、胃カメラをしないとわかりにくいからです。

 

慢性胃炎の原因として、ピロリ菌が言われています。

ピロリ菌はお薬で除菌ができ、除菌すれば発がん率が下がるといわれています。

 

胃カメラで胃がんの有無を確認し、慢性胃炎であればピロリ菌を確認する。そういったことが、皆様の健康を守る上で非常に大事になってきます。

 

ぜひこの際に胃カメラ検査を受けてみてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop