ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

大腸カメラの前日の食事について


今回は大腸カメラを受けて頂く時の前日の食事のお話をさせていただきます。

制限があるのは何となく知っているけど、何を食べたら良いのかわからないと質問が多く、詳しく説明していきます。

食事制限の重要性

まず、なぜ食事制限を行わないといけないのか説明します。

大腸カメラは肛門からカメラを挿入していき、大腸粘膜を直接観察していきます。この時に残渣(便の残りカスや未消化物)があると検査に時間がかかってしまったり、炎症や小さなポリープを見落としてしまう可能性もあります。せっかく検査を受けるので、残渣を少なくして、スムーズに検査を受けられ、正確に観察してもらえた方が良いですよね。その為、前日は食事制限を行っています。

食事のポイント

  • 消化の良い食事・・・消化の良い食事と言えば、おかゆやうどんが思いつきます。もちろんこれらも消化が良いですが、白身魚や赤身のお肉なんかも消化が良いです。
  • 食物繊維を含む食べ物を食べない・・・野菜やキノコ、海藻類に含まれる食物繊維は消化されずに大腸まで到達します。少量であっても食べない様にしましょう。
  • 食べ過ぎない、よく噛む・・・いくら消化の良い食事をしても沢山食べてしまうと消化に時間がかかってしまいます。また、翌日下剤で腸内洗浄した時に洗い流せなくなります。消化の良い食事をなるべく少なく、よく噛む事でさらに消化を助け、翌日の検査に備えましょう。

食べても良い物

ご飯・麺類 白米、おかゆ、うどん、そうめん、ビーフンなどの米粉麺
パン類 食パン、ロールパン、フランスパン、蒸しパン等

※バターやマーガリンやジャムなどは付けない様にお願いします。また、パンの中に具などが入って無い事。

魚介類 脂肪分の少ない白身魚や練り物
肉類 鶏むね肉、鶏ささみ、ヒレ肉やモモ肉など脂肪分が少ない部位
野菜・果物類 ジャガイモ、山芋、バナナ、リンゴ(皮をむく事)
その他 卵、豆腐、プリン、ゼリー(具の入っていない物)
水分 お水、お茶、コーヒー、ジュース(野菜ジュースはダメです)

食べてはいけない物

ご飯・麺類 玄米や雑穀米など、ラーメン
パン類 全粒粉や胚芽パンなど、あんぱん、ジャムパン等
魚介類 脂肪分の多い青魚(鯖、鯵、イワシなど)、マグロのトロ、貝、タコ、イカ、エビ等
肉類 脂の多い部位(バラ肉、ロース肉、鶏かわ等)、加工肉(ソーセージ、ハム、ベーコンなど)
野菜・果物類 野菜全般(葉物野菜、根菜類等)、種のある果物(イチゴ、キウイ、みかん等)
その他 海藻類全般、きのこ類全般、こんにゃく、豆類、ナッツ類、コーンフレーク、スナック菓子、乳製品等
水分 野菜ジュース、青汁、スムージー、牛乳・飲むヨーグルト等の乳製品飲料、アルコール全般

表の通り食べてはいけない物の方がたくさんあります。考えて料理するがの大変な方に向けて当院では検査食をオススメしています。

当院の検査食

(参照:グリコ HPはこちら

当院では検査食としてeコロン(1350円:税込み)をオススメしています。1日分(3食分)含まれており、こちらを食べていただくと考えたり、料理する手間が省けます。セット内容は『朝食:鶏と卵の雑炊』『昼食:大根とじゃがいもの鶏そぼろあんかけ、白がゆ』『夕食:煮込みハンバーグ、白がゆ』です。一見大根などが使われており消化が悪そうですが、水溶性の食物繊維で作られており、とても消化が良いです。当院で食べていただいた患者様にアンケートを取っていますが、好評でした。少し味が濃いと感じられる方もいらっしゃいました。

大腸カメラを受けられる方は前日の食事が重要になります。当院では前日の食事や下剤の飲み方などを看護師から説明します。不明な点があれば、その時に聞いていただけたらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop