ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

チョコレートの効果


来週の日曜日はバレンタインデーですね☆

チョコレートと言えば、甘い・虫歯・太ると言った様なイメージが多いかと思いますが、近年様々な研究がされており、色々な良い効果が知られてきました。

今日はチョコレートの知られざる効果について説明させていただきます。

チョコレートのカカオ2大成分

チョコレートの主成分にはカカオマスが使われています。このカカオマスには健康によい2大成分があります。

・カカオポリフェノール・・・カカオ豆に含まれるポリフェノール(抗酸化物質)

・カカオプロテイン・・・カカオ豆に含まれるたんぱく質(難消化性たんぱく質)

カカオポリフェノールの効果

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている苦み成分や色素の成分で、5000種類以上あると言われています。有名なところではワインや緑茶、ブルーベリー等があります。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、種類によって様々な効果が知られています。カカオに含まれるカカオポリフェノールには以下の様な効果があります。

・血圧低下・・・血管を拡張させる作用があり、血圧を低下させる効果が期待されます。

・動脈硬化予防・・・LDL(悪玉)コレステロールを低下させ、HDL(善玉)コレステロールを増加させ、動脈硬化の予防に効果が期待されます。

・美容効果・・・ポリフェノールには抗酸化作用があるので、活性酸素の働きを抑制し、お肌をダメージから守ります。

カカオプロテインの効果

カカオプロテインはたんぱく質の一種で、2015年に発見された比較的新しいたんぱく質です。このカカオプロテインは難消化性のたんぱく質で、小腸で吸収されずそのまま大腸に届きます。そして大腸で便の元となって、便のかさを増やすことができます。また、腸内細菌のエサをなる事で整腸作用が期待されます。

一日の適正摂取量は?

チョコレートにはたくさん良い効果がありますが、どれくらい食べれば良いのでしょうか?

正解は1日25g程度と言われています。

カカオポリフェノールは体内に貯める事が出来ないため、毎日少しずつ食べる事が大切です。

板チョコなら、約1/2枚。個別包装なら約5枚が目安です。また、近年では高カカオチョコレートがたくさん発売されていますが、70%以上の高カカオチョコレートの方が効果は高いです。

そして、25gを1回で食べてしまわずに、朝夕と分けて食べた方がさらに効果を得られます。

 

食べ過ぎに気を付けてくださいね☆

 

参考資料

みんなの健康チョコライフ(明治製菓)

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop