ひらたクリニック

ひらたクリニック

MENU

ブログ

blog

お薬手帳の大切さ


普段お薬手帳は持ち歩いていますか?

お薬手帳はとても大切な情報がたくさんあります。また、知らないと損をしているかも知れません。

今回はお薬手帳の大切さについて説明して行きたいと思います。

まず、お薬手帳とは

お薬手帳とは、医師や歯科医師、薬剤師がこれまでに患者さんが服用してきた薬の内容を確認できる手帳の事をいいます。お薬を処方してもらった日付、処方箋を出してもらった医療機関、薬の名前と量、服用の方法、服用に関する注意事項、調剤した薬局の名前などが記載されています。お薬の重複投与や相互作用を確認して、薬を安全・適正に処方、調剤するために使用する手帳です。

また自分でも飲んでいる薬を確認出来たり、どんな作用があるのか確認する事が出来ます。

お薬手帳は飲んでいる人がお薬の内容を他人(他の病院や薬局)に伝える為にあると言っても過言ではありません。

お薬手帳のメリット

・お薬の飲み合わせを管理してくれる・・・違う病院に行くと似たようなお薬をもらったことはありませんか?そのまま合わせて飲んでしまうと効果が増長してしまい危ない場合もあります。また、違うお薬であっても飲み合わせによっては効果が少なくなってしまう事もあります。そういったトラブルを回避する為にも病院や薬局でお薬手帳を出しましょう。

・市販薬やサプリメントも管理してくる・・・市販薬にも病院で処方されているお薬と同じ成分が含まれている場合もあり、お薬手帳に市販薬やサプリメントを記入しておくと、処方で出されたお薬との飲み合わせも確認してくれます。

・お薬のアレルギーや副作用も記録できる・・・ほとんどのお薬手帳には名前や住所などを記入する事が出来るページがあります。さらに今まで飲んでアレルギーや副作用があったお薬を記入しておく事ができます。

・万が一救急搬送された場合役に立つ・・・普段からお薬手帳をカバンの中に入れておくと、万が一意識が無いような状態になってしまっても名前や住所、緊急連絡先を記入しておく事ですぐに連絡出来たり、かかりつけの病院が分かります。また、内服薬の種類や量、薬のアレルギー記録などが処置の手助けになります。

・薬局での窓口負担が安くなる場合があります・・・お薬をもらう時、薬局でお薬手帳を出すと窓口負担が少し安くなる場合があります。お薬手帳を出す事で変わる料金は『薬剤服用歴管理指導料』です。一般的な薬局での薬剤服用歴管理指導料は500円です。ただし、原則6ヵ月以内に同じ薬局で処方せんの受付をしていて、お薬手帳を持参するという2つの条件を満たす場合は380円になります。保険負担割合が3割の方で1回約36円程度の差が出てきます。例外として大学病院などの前にある大型門前薬局には当てはまりませんのでご注意ください。

お薬手帳は大切な情報がたくさんあります。とても大切な手帳なので、出来れば持ち歩いてください。また、当院でも来院時に提出をお願いしています。最後までお読みいただきありがとうございました☆

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

pagetop